本文ここから

楽しむ

生き生きと生活を楽しむ。

これが湯沢スタイル。

以下フッターです。
フッターここまで